らくらくパックがおススメ!

引っ越しって意外に予定外だったりしませんか?
例えば、家やマンションを購入予定じゃなかったけど、たまたま冷やかし程度で入ったモデルルームが気に入っちゃって購入しちゃった!なんて事も、無きにしも非ずです。

しかもそれが、妊娠と重なってしまったら…ダブルでおめでた~!!だけど、すぐに現実に戻って引っ越しの準備どうしよう…と、不安になる。あ~引っ越ししてから妊娠すればよかった~!!と思うかもしれませんが、赤ちゃんは授かりものです。その家族にとってベストな時期に来てくれたのですから、それを受け入れましょう。

引越し作業員引っ越しなら心配する事はありません。荷造りもプロにしてもらえばいいんです。
下着類や貴重品だけを自分で荷造りすれば、後はプロの作業員がパパッと手際よくしてくれます。
料金も梱包用の作業員が一人増えるので、通常の引っ越し料金にプラス1万5千円前後プラスするだけで、荷物を運び出しながら簡単に荷造りしてくれます。

妊娠中は、悪阻があったり、体調が悪い日があったり、重いものを持つのは身体に負担が掛かったりと、中々大変です。
無理して赤ちゃんに何かあっては大変なので、妊娠中の引っ越しはらくらくパックをおススメします。
プロの手際の良さに、びっくりしちゃいますよ。

妊婦さんにおすすめのらくらくパックとは…

引越しらくらくパックは、業者さんが荷物の梱包作業を全面的にやってくれるオプションです。基本的に、貴重品意外は全てという感じ。下着など気になるものだけ、自分で梱包してもいいですが、タンスの引き出しもそのままで大丈夫です。また、冷蔵庫の中も、アイスボックスなどに入れ替えて運んでくれるので、妊婦さんにとっていたれりつくせり。
引越しらくらくパック | xn--y8ja6ob5qle2d.com

なお、開梱作業は別料金です。らくらくパックは原則、荷物のつめ込み作業のみとなります。妊娠中であれば、開梱作業も見積もりしてもらいましょう。引っ越しした翌日から、今までどおりの生活も可能です!

妊娠中の引越しで注意すること

新しく住む場所というのは、嬉しいものです。引っ越しする時も、家具のレイアウトを考えたり、家族の動線をシュミレーションしてみたりと、新生活への期待は膨らむばかりです。
自然と荷造りするスピードも軽やかになっちゃいます。

でも、ちょっと待って!お腹には大事な赤ちゃんがいるので、無理は禁物!親・兄弟、友達等頼れる人はみ~んな頼って、楽に引っ越ししちゃいましょう。
家族まだお腹にいるうちの方が自由に動けるからと、どんどん一人で突っ走ると、ふと気が抜けた時に疲れがど~っときます。
引っ越し当日までに荷造りが出来てなくても気にしないで下さい。当日出来てない分は、作業員の人がテキパキとしてくれるから大丈夫!出来るとこまでゆ~っくりやりましょう。

そして、当然の事ながら重い荷物を持つのは厳禁です。今は一人の身体じゃないですからね。
でも、どうしても重い荷物を持たなければいけない時は、お腹に力をいれず腕の力だけで持つようにしましょう。お腹に力を入れない分、赤ちゃんに影響はありません。

引っ越し当日は本当に疲れるものです。それが妊婦さんなら余計に身体へ負担がかかります。当日は、段取りを口頭で伝える程度にして、荷解きも作業員の方か身内にしてもらう手配をしておきましょう。